過払い請求について

簡単に言うと、お金を借りた人が、貸金業者に返し過ぎたお金のことをいいます。
過払い金は正当に請求して返してもらえるあなたのお金です。
では、どうしてお金を返し過ぎていたのでしょう?
それはグレーゾーン金利とよばれる金利のカラクリがあるからです。

出資法には違反していないのだけれど、利息制限法に違反している出資法利息−利息制限法利息の部分をグレーゾーン金利といいます。
二つの法律のグレーの部分をついたグレーゾーン金利は、本来なら払う必要のないお金です。
そのグレーゾーン金利を長期間払い続けることで過払い金(返しすぎたお金)が発生するのです。
でもなぜ、貸金業者が利息制限法の上限利率を守らないのでしょう?
それは出資法を越えた利率で貸付けをおこなうと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を越えた利率で貸付けをおこなっても罰せられることがないからです。
しかし、最高裁判所では利息制限法を超えた利息は実質的に無効であるとの判断がなされ、過払い金は取り戻すことができます。
現状でお悩みの方は是非ご相談下さい。

TOPに戻る
【運営概要】
トップ運営会社プライバシーポリシー利用規約お問合わせgoogleYahoo!

(C) 司法書士ナビ